がんばれ野球小僧たち えんのしたの声








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術



トップページへ
緊張しない方法

『緊張を恐れない。緊張は自分が頑張ろうとする気持ちの表れ。』

試合になると緊張してしまって実力が出せない。

体の動きが悪く、いつものプレーが出来ない。

また、先生やコーチが見ているとどうもミスばかり。



そんな事がよく聞かれる。



緊張で実力が発揮できないと言う事実。




誰でも緊張はする。

試合というのはそういうもの。

だが決して、緊張はいけない事ではない。



試合前にビビル。

それも当然の事。



結果がどうでもよければ、緊張もしない。

何も感じない。



人間なら、結果を求めれば緊張することになっている。

がんばりたい気持ちが強ければ強いほど緊張も大きい。

また、緊張してはいけないと思う気持ちや、緊張を抑えようとする意識が、逆に緊張を大きくしてしまう。




緊張したくないと感じている人がいるかもしれない。

誰でも自分で気持ちや意識をコントールする事は簡単ではない。

しかし、緊張することに恐怖感を持つ必要はない。



確かに過度な緊張はプレーの邪魔をするが、適度な緊張感は自分を真剣にさせる上でも大変重要になる。

また、集中力を高める上でも必要。


緊張というものは人間にとって大切なものなのだ。




そこで問題になるとすれば、必要以上の緊張感。

これが、時に自分のプレーの邪魔をするヤツだ。



緊張を抑え込もうとする気持ち。

緊張してはいけないと思う意識。



この邪魔モノは真剣になると誰にでも近づいてくる。



緊張と戦えばダメージは計り知れない。

いかに上手く緊張と付き合えるか。

これが大切。



緊張は、自分が頑張りたいと思う気持ちの現れ。

大切にしてあげよう。




先生やコーチが見ているとミスが多い。

そんな選手もたくさんいる。



そう言う選手は、試合でも練習でも意識は先生にある。

ボールやプレーに集中しなければならない時でも、コーチや先生へのマークは怠らない。



これでは集中力も欠ける。

当然ミスも出るだろう。



心配しないで試合に、そしてボールに全神経を集中しよう。

結果はその次。



指導者や回りの人達は、自分が思っている以上に解っている。

まわりを気にしてミスするよりも、集中力を持って行った失敗の方が評価は高い。



そんな事に気を使っているよりも、失敗を恐れずプレーしたい。



また、期待に応えたいと思う気持ちもプレッシャーになり得る。


これも、回りは解っている。



一度や二度の失敗で期待を裏切る事はない。

裏切るとすれば、やる気のない態度くらいのもの。



一生懸命に強気でプレーすれば、結果はどうあれ将来性が感じられるだろう。




緊張に対して理想的なのは、自信を持つ事。

と言われる。



自信を持つと言っても簡単ではない。

多くのプレーヤーが自信を持つ為に血のにじむような努力をしている。



自信とは何だろう?

それは、自分を信じる事。


簡単なようだが、その為に今まで練習し、努力を積み重ねてきたと思う。



しかし、本番では、そんな細かい事は気にせず信じよう。

大丈夫。




試合では、今まで練習してきた以上の事をやろうとは思わない。


昨日までやってきた事が自分の実力。

理想のプレーばかりイメージするものだが、失敗やミスも全てが自分の実力。



昨日までがんばってきたなら、準備OK。

ヤリ残した事なんてない。

いろんな事が身についただろう。

人間的としても大きくなった。



それが重要。

後は、緊張感と一緒に元気にプレーする。



自分の中に緊張を感じたら、それは戦闘モードに入った証拠。

緊張とは戦う気持ち、自分のがんばりたい気持ちの表れ。


試合前の一番大切な感情と言える。

きっと試合に向けてその気持ちは大きくなっていくだろう。



そして、冷静に相手を分析。


きっと、緊張と戦って苦しんでいるはず。



こっちは緊張を味方に付けよう。

がんばる気持ちを大切にしてあげれば味方になってくれるはず。


そうすれば、自然と勝利も近づいて来る。





結果は恐れる事はない。

一生懸命がんばった結末は受け入れる。


不満なら、また挑戦すれば良い。



まだまだ、単なる通過点。

恐れる事はない。



やれば、出来る。

きっと、出来る。



試合で大切なのはたった一つ。

どんな事があっても絶対にあきらめない事。

ただ、それだけ。



トップページへ